木のワークショップ「木工ひろば」が人気のワケ

October 26, 2020

木にふれるひと時

Motomotokumaの生みの親,株式会社久万造林ではさまざまな木工が体験できます。

近くのまちに出張して,小学生にどんぐりや木の端っこを使ったオブジェづくりを教えたり,
大人を対象にワンちゃんやネコちゃん用の木のベッドづくりを教えたり,
久万高原に来てもらって森の中で楽器・カホンづくりをしてもらったり。

これらワークショップは「木工ひろば」と呼ばれているのてすが,
すぐに定員いっぱいとなります。

どうして木工ひろばは人気なのでしょうか?

体験されるお客さまを見たり,お話したりして感じることは,
木に触れることで癒されているのではないかと思います。

木をのこぎりで切る。
板を合わせるために金づちで釘をうつ。トントントン。
組みあがった作品に顔を近つけて,木の香りをかぐ。

大人もこどもも,本当に夢中で作品づくりに取り組んでくれます。
木工ひろばは,人にいろんな感覚を呼び起こさせるのだと思います。

次の木工ひろばは地元のNPO 法人さんか開催する「インセクトハウス(虫のおうち)をつくろう」というイベントです。
そこに木工材料を提供します。

こどもたちに喜ばれそうなイベントですが,
大人の申し込みも多いのだそうてす。

久万の木がたくさんの人を笑顔にしてくれるといいなと思います。

@motomotokuma