新しい木の可能性

September 14, 2020

木を曲げる

「木を曲げる」と聞くと,
思いっきり力を入れてググーッと曲げるのかな?
とイメージする人もいるかもしれません。

MOTOMOTOKUMAのツリーレザーは,
自由自在に曲げたり,巻いたりすることができるもの。
力はいりません。

ツリーレザーは新しい素材ですが,
木を曲げる試みは古来から行われてきました。

そのもっとも象徴的なものが「紙」です。
木は形を変え,紙となってわたしたちの暮らしの中で実用的なものとして,
ときには工芸的なものとして役立ってくれていました。

木はレザーとして使える可能性が見えてきました。
その先もあるのでしょうか。

実はもう誕生しているのが「セルロースナノファイバー」という素材です。

木材などの植物繊維の中に含まれるセルロースという成分を,
ナノサイズ(1mmの百万分の1)にまで細かく溶きほぐすことにより,
いろいろなものに形を変えられる物質にします。
それが「セルロースナノファイバー」です。

軽いながらとても頑丈なので,
車のボディーになったり,
電子部品に使われたり,
さらには透明なシートにしてスマートフォンの保護ガラスに使ったりなど,
さまざまなものに応用する研究が今世界的に始まっています。

自然由来のものだけれども,化学を伴うことでまた新しい可能性が開きそうです。

木から,車ができるかもしれない…。
想像したらちょっとわくわくしませんか?

@motomotokuma